間宮祥太朗 オフィシャルブログ
2014年3月11日 10:06
3月11日
おはようございます

3月11日という日付は日本国民にとって特別な意味を持ちます。
3.11は地震被害が起こった日ではなく、地震を原因とする被害が始まった日だと思います。
今なお被害の真っ只中に居る人達も、それと闘う人達も、苦しみや怒りや希望、それら全ては現在進行形ですよね。

だから、
今日が思い出す日になってはならないのだと思います。
うまく言えませんが、それはたった今起き続けていることだから。

あれから3年が経ちましたが、僕は自分を思い出して悔しくなることがあります。
たった3年ですが自分の中にも変化があり、あの直後の自分にもっと出来た事があるのではないか、今ならもっと考えてもっと動けたんじゃないか、そういう風に思います。

しかし3年前には戻れません、ですから現在の自分は今を見て、積み重ねていくしかありません。
そうすれば少しずつ未来が今になっていく。

ふと思い出しましたが、
昨年の流行語
今でしょ
あれはいい言葉だなと

笑いの方向ではなく林先生の教育理念としては

いつやるのか
を考えるより前に今やってしまえばそれは想像ではなく行動になり、
行動したものは事実になり、事実を積み重ねていくと経験になる。
そんな意味を感じます。

日本という国も人も復興が必要な地域も一個人である自分も今を積み重ねて良い方向に進んでいく事を願います。

そして改めて、震災でお亡くなりになった方々とそのご家族に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

間宮祥太朗
前へ | 次へ
BLOG
HOME


Tristone Entertainment, Inc.